遅刻をしないこと

転職活動をする中で一番気を付けていたのは、遅刻をしないことです。せっかく面接の機会をいただいたのに遅刻をするなんて、失礼なことこの上ないですよね。一般的に面接時間の5分前に到着するのがベストだと言われています。
しかし面接の会場というのは大体の場合初めて行く場所です。地図で確認をしていても、実際その場所へ行ってみると道のイメージが全然違ったりするものです。ましてや私はかなりの方向音痴。地図を見ながら逆方向へ歩いていたりするレベルです。そのため新卒の頃は当日会場にたどり着けず、面接先の企業に電話して道案内してもらうこともありました。当たり前ですが、そういう企業にはことごとく内定がいただけませんでした。
その経験から、転職活動時には必ず前日までに面接会場まで足を運ぶようにしていました。そうすることで場所が把握できるだけでなく、所要時間も確認できるという大きなメリットがあります。所要時間が分かれば、当日の予定が立てやすくなり、気持ちになり余裕も生まれるというもっと大きなメリットに繋がっていきます。
面接当日に自分の力を存分に発揮できるか、相手に好印象を与えられるか、そのどちらにも関係してくるのが、「事前に会場まで行ってみること」だと自分の経験から感じました。

ホーム RSS購読 サイトマップ